これから行う化学療法・放射線療法によっては、
治療時期に妊娠することで胎児へ影響がある場合や、
男性女性ともに生殖能力の低下により子どもを持つことが難しい、
または諦めなければいけないことがあります。
将来子どもを持ちたいと考えている方に、妊孕性温存(にんようせいおんぞん)という
方法を知っていただきたいと思います。
妊孕性温存とは、がん治療前に将来妊娠・出産に臨めるよう生殖細胞を体外に避難させることです。
具体的には、精子や卵子・卵巣を凍結保存する、パートナーがいる場合には受精卵凍結を行うことができます。
妊孕性温存については、がん治療の状況、患者さんの身体の状況、ご家族や周囲の方の
状況も含め、検討し進めていくことです。
まずは、あなたの気持ちを周囲に伝え、妊孕性温存の希望がある場合は、
主治医に相談してみましょう。