必ず知っておきたい社会保障

高額療養費制度

所得に応じ、一定限度以上の医療費が免除される制度。同じ月に病院や薬局の窓口で支払った額が一定限度額(自己負担額)が超えた場合、その金額が払い戻されます。

払い戻されますが、一度請求金額を支払う必要があるので、限度額以上の支払いを無くすには

70歳未満または現役並みの所得のある70~75歳の場合、

「限度額適応認定証」を申請する。

70歳以上の場合、

「高齢受給者証」を提示する。

住民税非課税世帯の場合、

「限度額適用・標準負担額認定証」を申請する
申請先:お手持ちの保険証の発行元

医療費控除

 

医療費が一定額を超えるとき、所定の計算式に基づいて所得控除が受けられます(最高200万)。 

計算式 

(実際に支払った医療費の合計)-(保険金などで補填される金額)ー10万千 

=所得控除が受けられる 
申請先:税務署(確定申告時)

傷病手当金

健康保険に加入している場合には、傷病手当金制度が使えます。

条件

がんの療養のために今までの仕事が行えず、連続する3日間を含み4日以上仕事を休んだ場合


支給期間:支給開始から最長1年6か月

(注意):連続する期間であること、同じ疾患では1度切りの支給なので、支給期間が短くても2度は申請できません。

*がん治療のスケジュールと照らし合わせ、申請期間はよく検討しましょう。
申請先:お手持ちの保険証の発行元