がんとともによりよく過ごすために

相談はこちら

〇がんかもしれない。
診断をうけ、
これからどうしたらよいか・・。
自分にとって一番良い選択は?
周りの人や職場にどう伝えれば?
これからのこと、
仕事、子育て、
お金のことなど、
わからないことがたくさん
ありすぎて何から手をつけたらよいのか
悩まれてないでしょうか。
答えはご自身の中にありますが、
悩み事を少しずつ整理することで、
解決の糸口を一緒に探ることができます。
その中で、あなたが大切にしたいこと、
優先させたいことを考え、
あなたにとって良い方向に進んでいけるのでは
ないでしょうか。

〇また、つらそうな家族にどのように
声をかけたら・・・。
大切な家族・友人のために何かできないだろうか。
など
身近な方が、がんと診断され悩まれていらっしゃる方の
ご相談もお受けしております。

さまざまな可能性があり、
見通しが立たないこと、
周囲に気軽に話すことができないこと、
1人で抱え込むことで、
悩みが深まることもあります。


これからを考えていくために、
抱えていらっしゃる悩みをメールで
綴ってみませんか。

がん患者さんへのケアを専門とする看護師
一緒に解決の糸口を一緒に考えます。
相談対応は経験豊富な看護師です。

がんの病状や治療経過などによって、
同じ悩みでも対応が異なることもあります。
どのように対応していけばよいか、
今後を考えながら、一緒に考えていきましょう。


相談対応者)
森川みはる「一人一人価値観が違えば、良いと思うことも違います。その方それぞれに大切にしたいことを大事にし、よい医療・よいケアが受けられるようお手伝いさせていただきたいと思います。」
角 甲 純 「専門領域は症状緩和です。つらさを和らげるための工夫をご提案させていただきます。」
小林成光「 看護職の立場から、がん患者さんとそのご家族の社会的な支援に積極的に取り組んでいます。 」
(すべてがん看護専門看護師)

人に話すことのメリット

ご自身のことを人に伝えるというのは、あまり進んでしたくないことかもしれません。お身体のこと、プライベートな部分を表現することは控えたいと思う方も多くいらっしゃると思います。私たちは、お伺いした内容は相談対応以外で口外することがないよう守秘義務を徹底いたします。
その前提があったとしても、「人に話したって何か変わるわけでもないし・・・」と思われる方もいらっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。
私たちがこのような活動を始めたことの根底には、医学の進歩・治療選択肢の増加・説明と同意のもと治療を進めるなど、医療をとりまく環境が変化し、おまかせ医療から患者さん自身が判断・決めていかなければならないことがたくさんでてきており、そのことに困っていらっしゃる方が少なくないことを目の当たりにしてきたからです。そこで必要なのは、自分にとっての優先順位を明確にしていくことや情報の取捨選択となります。一人でもんもんと考えていることを人に話すと少し楽になることもあるかと思います。人に話すことのメリットを整理していきましょう。

気持ちに蓋をしない


つらいとき、いったんその気持ちから意識を逸らすことも大事な時期があります。そこから1歩踏み出し、つらいこと、心配な気持ちを書いてみたり、人に伝えてみる。この人になら話してみてもよいかなと思える人に出会えたら、ご自身の思いを表現することで、「自分はこう思っていたんだ」と自分の心を見つめ、発見できることがあります。

違う視点で見つめてみる


 

あなたが、家族・友人・医療者に伝えることで、受け止めた方が感じたことをまた伝える、そうすることで新たな視点に気づくことがあります。自分では気づいていなかった「ここを大事にしたかったんだ」「これに引っかかっていたんだ」に気づくことで、あなたと一緒に伴走したいと思う周囲の人が、あなたの内側にある思いや考えに寄り添い、未来につながる情報や選択肢をみつけることができます。 人がつながることで、できないと思っていたことができることもあります。自分を支えるチームを上手につくっていきましょう。

情報の整理ができる


検査や治療、医療制度など、今まで目にしたことないような言葉や内容について多くの説明を受け、「次受診するときまでに決めておいてください」と言われても、それがどういうことか、何がわからないのかもわからないということがあると思います。同じがんと診断されていらっしゃる方でも、部位や状況が異なれば、検査・治療の流れや必要なサービスも異なります。がん医療の専門家に相談することで、ご自身やご家族の状況を整理し、これから必要なこと、準備しておいた方がよいことなどを整理することができます。インターネットや巷には情報にあふれており、適切な情報にたどり着くことは困難を伴います。ご自身にとって必要な情報は主治医に確認することが一番です。でも何を確認することが知りたい情報を得られるのか・・・、そのお手伝いができるのが、「がん相談」や「担当の看護師」などです。上手に利用しましょう。

私たちの紹介

私たちはがん看護専門看護師です。

なかなか人に相談できない。
でもモヤモヤや不安が募る。
文字にし、人に話すことで、
モヤモヤの原因がわかる、
少し角度を変えてみてみる、
持っている情報を整理する、
日々の過ごし方を見つめてみる、
生活を少し工夫する、
そうすることで少し気持ちが楽になったり、
モヤモヤから少し抜けることができるかもしれません。
私たちは解決そのものはできません。
でも解決の糸口を
一緒に探すことはできます。

相談内容例

〇家族が がんと診断されました。特に弱音を吐くわけではないのですが、どのように声をかけ、関わればよいでしょうか。➡がんと診断されたご本人はもちろんお辛いと思います。それと同時に大切な方がそのような状況になられたご家族もお辛いお気持ちであるのは当然だと思います。ご相談者のお気持ちをお伺いし、大切な方にできること、またご自身をいたわることを一緒に考えさせていただきます。
〇これから抗がん剤を治療することになり、通院で治療をするのですが、仕事を続けるか、やめようか悩んでいます。➡どのような治療をされるのかを確認させていただき、副作用の症状や出現する時期、頻度を共有し、お仕事状況を伺いながら一緒に考えていきます。また、職場の方にどのように伝えていらっしゃるのか、利用可能な社会保障があるのかの確認方法などを共有させていただきます。
〇緩和ケア病棟をすすめられました。本人は自宅に帰りたいと言っていますが、家に帰れるでしょうか。➡ご本人のお気持ちとご家族のお気持ちやお仕事などの生活状況を確認しながら、ご本人・ご家族のご意向を整理し、それを実現可能にするための社会資源や支援方法を一緒に考えます。
〇医師にこれ以上つらさを取るには鎮静しかないと言われました。家族だけでは決められません。本人にどのようにどう伝え、気持ちを確認すればよいでしょうか。➡状況を確認しながら、現状を共有させていただき、ご本人のご意向を伺うコミュニケーションを考えていきます。
〇痛み止めを飲んでもつらく、病院を変えたほうがよいでしょうか。➡主治医にどのように伝えれば正しく痛みが伝わるか一緒に考えます。

ご寄付のお願い 

活動にご賛同いただける方のご寄付をお願いいたします。